2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 大門 かつ福 | トップページ | 上海ブギ »

2015年9月 3日 (木)

トゥール・ダルジャン

トゥール・ダルジャン 食べログ

憧れのこちらへ。

・Pyrenees 9000円(サービス料別)

  毛蟹とシュクリーヌのセザール風
  アーティーチョークのバリグールと
       バイヨンヌ産生ハム
  帆立貝のグリル
       パスティス香るフヌイユを散りばめて
  幼鴨のロースト 黒オリーブソース
       ラタトィユのファルシ添え
  ガトーバスクとさくらんぼのマルムラード
  コーヒー 又は 紅茶
  小菓子

アミューズ的な。


  
毛蟹とシュクリーヌのセザール風は
なんか不思議な料理で
フレンチとは思えない一品でした。

アーティーチョークのバリグールは
これも微妙で
生ハムがやけに しょっぱかったです。

帆立貝のグリルは
好きな帆立なので嬉しいですが
なんとなく 貧弱な感じです。

幼鴨のローストは
鴨がウリのお店なので
当たり前に 美味しいのですが
ものすごく、というような
特別感は なかったです。

また 写真を撮り忘れましたが
パンが出たのですが
このパンが かなり塩味が濃かったです。
レストランのパンで 塩味が濃い、って
結構 珍しいです。

正直 この内容で
サービス料込みで10000円ぐらいだと
かなり 高く感じてしまいました。

なんとなく 原価がかかっていない食材ばかりだったからです。

ニューオータニの中にあるので
贅沢な空間で食事はできますし

サービスの方も大勢いらっしゃるので
サービスも問題ないのですが
また行こう、とは思えない内容に感じました。

あと 珍しいのは
ビールを置いていない事です。

夏は暑いので
まずは ビールが飲みたくなりますが
瓶ビールさえも置かないようで…

« 大門 かつ福 | トップページ | 上海ブギ »

d 虎ノ門 霞が関」カテゴリの記事

□ランチ」カテゴリの記事

●g フレンチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1526792/61304296

この記事へのトラックバック一覧です: トゥール・ダルジャン:

« 大門 かつ福 | トップページ | 上海ブギ »